脱毛サロン選びに悩む人のためのサイト
検索・予約「エピレーションナビ」

エピレーションナビ

脱毛の種類

1脱毛の種類について

脱毛と一口に言ってもIPL脱毛・SSC脱毛・SHR脱毛と店舗によって様々な脱毛方式を導入しており、それぞれの脱毛方式によって特徴は異なるため、向き・不向きが存在します。ここでは、それぞれの脱毛方式をご紹介していきます。

(1)IPL脱毛

多くのエステサロン・脱毛サロンで導入されている脱毛方法で、光脱毛やフラッシュ脱毛とも呼ばれています。
IPL脱毛は、メラニン色素に反応する性質を持っている光を利用して毛根や毛乳頭にダメージを与え脱毛していく方法になります。ムダ毛1本1本の毛根や毛乳頭といった毛を生産する組織にダメージを与えることが出来るので、毛を維持すること阻止していく仕組みとなっているのです。IPL脱毛に利用される光は昔から肌トラブルなどのケアを目的としたフェイシャルエステで用いられるものと同じで、光の出力を調整して行います。歴史が長いこともあり安全性の高い脱毛方法と言えるでしょう。
IPL脱毛の大きなメリットは、メラニン色素にピンポイントで光を集められるので剛毛でも効果を十分に発揮してくれることと、IPLの光に可視光線が含まれているためきめ細かな肌へ導いてくれることです。
一方デメリットとして、メラニン色素を多く含んだ肌である日焼け肌や色黒肌の施術が不得意なっています。

IPL脱毛についてもっと詳しく知りたい方はコチラ

(2)SSC脱毛

SSC脱毛は比較的新しい脱毛方式で、イタリアのDEKA社が日本の脱毛市場のために特別開発した脱毛方法になります。SSC脱毛の一番の特徴は、光を使用して直接毛根や毛乳頭にダメージを与えるのではなく、SSC脱毛専用のジェルに含まれる抑毛効果によって減毛していく仕組みです。この専用ジェルはビーンズジェルと言い、抑毛効果のある植物性由来のフィリニーブという成分が配合されており、このジェルを塗布した部分に光を当てることで肌内部へ浸透させ、毛の再生能力を衰えさせていくことになります。光で直接ダメージを与えず、抑毛効果のある専用ジェルとの相互作用で脱毛効果を発揮していくので光の出力を低く設定することができます。そのため、IPL脱毛より痛みが少ないうえに、肌へのダメージが少なく、火傷のリスクが殆どありません。また、専用ジェルには植物由来の美肌成分も含まれているので美肌効果が期待できます。
SSC脱毛もIPL脱毛同様に光を駆使して脱毛を行っていくので日焼け肌や色黒肌の脱毛が不得意です。ジェルを使用しなければならないと言った点も好みによって意見が分かれる脱毛方法と言えます。

SSC脱毛について詳しく知りたい方はコチラ

(3)SHR脱毛

SHR脱毛は次世代の脱毛法として今一番注目されている脱毛方法になります。IPL脱毛やSSC脱毛とはメカニズムが異なり、バジル領域という部分に光を集めながら毛包全体に熱を集めていく脱毛方式です。このバジル領域には最近の研究で発毛因子(新しい毛を作り出す種のようなもの)があるとわかっており、バジル領域の活動そのものを停止させてムダ毛を生やさないようにする仕組みとなっています。SHR脱毛は従来の脱毛方式のようにメラニン色素に反応させる必要がなく、毛包全体に熱を加えていくと良いので、メラニンを多く含んだ肌である日焼け肌や色黒肌、ホクロがある部分などの脱毛に非常に向いています。メラニン色素が関係ないので、金髪や色素の薄い毛、産毛にも効果が期待できることも特徴の1つです。また、SHR脱毛は毛包という広範囲に光を照射していくため、10秒間に約1000本のムダ毛に同時照射することが可能です。そのため、従来の脱毛時間よりかなり時間を短縮することができ、全身脱毛1回の施術を行う際も最短20分で完了します。
SHR脱毛のデメリットとしては今のところ報告がないので、非常に安全性の高い画期的な脱毛と言えるでしょう。

SHR脱毛についてもっと詳しく知りたい方はコチラ

 

2選び方について

脱毛方式それぞれにメリット・デメリットが存在します。
自分に合った脱毛方法を見つけるには、まずは予算・痛み・肌質・期間などを書き出し、どの脱毛方法がより安全に、ストレスなく脱毛を受けられるかどうかを考えてみることが良いでしょう。また、実際に体験してみて施術時間や痛みなど細かな点を含めて考慮したり、専門スタッフに相談してみることも良いと思います。それぞれの脱毛方法をしっかりと理解したうえで、自分に最適な脱毛方法を選んでいきましょう。

更新日:

Copyright© エピレーションナビ , 2019 AllRights Reserved.