脱毛サロン選びに悩む人のためのサイト
検索・予約「エピレーションナビ」

エピレーションナビ

脱毛剤はどれがオススメ!?選ぶ際のポイントや人気の商品をご紹介!目指そう『ツルすべ女子♡』!

色々なメーカーから色々な種類の脱毛剤が発売されていますよね!いざ買おうと思った時に、どれが自分に合っているのか分からず、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか!?今回は、脱毛剤を選ぶ際のポイントや、人気の商品などをご紹介していきます!

更新日:

脱毛剤ってそもそもなに?

脱毛剤は一般的に「除毛クリーム」「脱毛クリーム」と呼ばれるものを指します。脱毛したい部分に塗って一定時間放置したら、あとは拭き取る&洗い流すだけという手軽さから、ムダ毛の自己処理派に人気のアイテムです♪

《どうやって毛を処理するの?》

除毛クリームや脱毛クリームと呼ばれる脱毛剤は、正確には「脱毛」というよりも「毛を溶かす」方法でムダ毛を処理します。毛はその主成分がタンパク質の中でも「ケラチン」と呼ばれるものです。80%~90%がこのケラチンで出来ていて、残りはメラニン色素、脂質、水分、あと微量の元素から出来ています。脱毛剤は、各商品によって多少の違いはあるものの、基本的には毛の主成分であるこのケラチンというタンパク質を溶かす作用がある「チオグリコール酸カルシウム」「水酸化カルシウム」「水酸化ナトリウム」などのアルカリ成分が配合されています。

 

■チオグリコール酸カルシウム

チオグリコール酸は悪臭や刺激臭がある無色の液体で、そのカルシウム塩がチオグリコール酸カルシウムとなります。脱毛剤にはだいたい5%~10%の割合で配合されていることが多いようです。

 

■水酸化カルシウム・水酸化ナトリウム

どちらも強いアルカリ成分のため、ケラチンを溶かす効果が高く、ほとんどの商品に2%~6%程度の割合で配合されています。

 

脱毛剤は自宅で好きな時に処理が出来るし、サロンやクリニックなどに通う時間や手間も省ける&安上がり、そして処理をした後がキレイ!というメリットだらけのアイテムなんです!でも、もちろんデメリットもありますので覚えておきましょう。

 

脱毛剤のデメリットってどんなところ?

メリットとしては、「ドラッグストアや通販で手軽に買える」「自宅で自分の好きな時に処理が出来る」「サロンに通うよりも1回あたりが安くて済む」「短時間で広範囲の処理が出来る」「仕上がりがキレイ」といったことが挙げられますが、それよりもデメリットを知っておくことが大切です!

 

■脱毛剤のデメリット

*すぐに生えてきてしまう*

皮膚の表面に生えている毛を溶かすだけですので、すぐに生えてきてしまいます。ただ、カミソリで剃った時よりは、ムダ毛が目立つようになるまで数日長いと言われています。

 

*皮膚へのダメージが大きい*

毛を「溶かす」ほどの強力な薬剤ですから、直接触れる皮膚にも少なからず刺激を与えてしまいます。表皮はケラチノサイトという細胞の集まりで、つまり細胞そのものがケラチンということになります。と言うことは…表皮も溶かしてしまう可能性がゼロではないということです。特に肌が弱い人や敏感肌の人は注意しましょう。

 

*肌荒れや炎症を招く可能性がある*

強いアルカリ性成分の作用によってお肌のバリアが破壊され、肌荒れやアレルギー性接触皮膚炎などを招いてしまう可能性があります。弱っている時期、体調が良くない時期、生理の時期などは特に注意が必要です。

 

確かに毛を溶かしてしまうほど強力というだけあって、それなりに刺激も強そうですね。「敏感肌用」や「低刺激性」というものもありますので、心配な人はそこから試してみると良いのではないでしょうか。

 

脱毛剤の選ぶ時に押さえておきたいポイント5選!

たくさんある商品の中から選ぶ際にはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?次の5つを押さえておきましょう♪

 

(1)成分をチェック!

デメリットのところでお伝えしましたが、少なからず皮膚への刺激があります。特に肌が弱かったり敏感肌の人は「チオグリコール酸カルシウム」「水酸化カルシウム」「水酸化ナトリウム」の含有量、「敏感肌用」「低刺激性」と記載があるもの、そのほかにも「抗炎症成分」「抗菌成分」「保湿(美肌)成分」などが含まれているものを選ぶようにしましょう♪

 

(2)ムダ毛のタイプに合わせる!

ムダ毛が濃い&多い人は、同じ商品を同じように使っていても、ムダ毛が薄い&少ない人と比べて効果は出にくくなります。剛毛女子のアナタは、「男性用」もしくは「男女兼用」などを選ぶようにしましょう。ドラッグストアで男性用を買うのが恥ずかしい!という人は通販でも買えますよ♪

 

(3)対応している部位をチェック!

脱毛剤はすべての部位に使用できるとは限りません。デリケートゾーンや顔はNG、中にはワキもNGという商品も少なくありません。もちろん、逆にデリケートゾーン用、顔用、ワキ用なども売られていますので、自分が脱毛したい部位に対応しているかしっかりチェックしましょう♪

 

(4)放置時間をチェック!

商品によって、塗ってから放置する時間が多少異なります。だいたい「10分以上放置しないでください」などと書かれていますが、短いものでは1分程度、長いものでは15分程度のものもあります。短いものを選んでしまうと、早く処理ができる分、広範囲に塗ることができない(途中で洗い流さなきゃいけない時間になる)などのデメリットもありますので放置時間は買う前にチェックしておいてください♪

 

(5)価格!

脱毛剤は、だいたい1,000円~3,000円くらいが中心ですが、継続して使うとなると出費が結構かさみますよね。広範囲を処理したい場合、数本必要なこともありますので、そうなると余計に差が出てきます。とりあえず1回だけとかたま~に、というなら良いのですが、継続して使う場合はそのことを想定して無理のない範囲で使えるかチェックしておきましょう♪

 

以上が購入する際に押さえておきたいポイントです!

 

脱毛剤の正しい使い方をマスターしよう!使用上の注意も併せて解説!

さて!無事に脱毛剤をゲットしたら次はいよいよ実際に処理をするワケですが、、、絶対にしてほしいことがあります。それは【パッチテスト】です。

 

■パッチテスト■

パッチテストをする際は、必ず肌を清潔にしておいてください。濡れていても使えるバス用もありますが、それ以外は基本的に乾いた状態で塗ります。塗る部位は目立たない箇所。万が一肌に合わなくて炎症などを起こしてしまったとしても目立たないような部位を選びましょう。範囲はあまり大きくなくてOKです。ちなみに私は10円玉くらいの大きさでヒジ上の一部に試しました♪

試すときは、一度に塗りすぎないように少量ずつ塗ります。ヘラで塗るタイプのものはヘラで、手でOKのものは手で塗ったら、決められた時間放置します。その後は拭き取り→洗い流す→保湿をして完了です。

パッチテストをした後は、だいたい24時間くらいは様子を見るようにしてください。

 

■いよいよ初処理!■

パッチテストをして24時間経っても問題がなければ、実際に使ってみましょう♪ムダ毛がクリームでしっかり隠れるように、そしてムラにならないようにまんべんなく塗っていきます。塗った瞬間から「放置時間」となりますので、時間に注意しながら行ってください!

 

■拭き取る■

いきなり洗い流すタイプのものもありますが、まずは拭き取るが基本です。ヘラで拭き取るか、ティッシュなどで拭き取ります。

 

■洗い流す■

お湯は炎症が起こりやすくなると言われていますので、できれば水で洗い流すようにしましょう。洗い残しがあると刺激を与えてしまいますので、十分に洗い流してください。

 

■保湿■

化粧水は弱酸性ですので、脱毛剤によってアルカリ性になっている皮膚を弱酸性に戻してくれます。その上で保湿クリームを塗ってしっかりと保護をしてあげましょう。

 

以上が脱毛剤の正しい使い方です♪体調や肌の状態などによって、同じように使っていても反応してしまうこともあります。「大丈夫だろう」とあなどらずに、よ~く体と相談してから行ってください。

 

脱毛剤の中でも人気の商品をご紹介!

人気の商品をご紹介します♪ちなみに目安ですが、100gでは両ヒジ下に約4回使用できる程度の量になります。

 

■NULL(ヌル)

REMOVER CREAM FOR MEN

参考価格:2,500円~3,000円(200g)

男性用となっていますが、女性も使えます。楽天でもNo.1の人気♪使用後に痛みがとても少ないのに、効果が高いというところが人気の理由のようです。少し高いですが…試してみる価値はあるかも!?

 

■鈴木ハーブ研究所公式

パイナップル豆乳除毛クリーム

参考価格:2,600円~3,000円(100g)

チューブタイプなので手を汚すことなく塗れます。気になるニオイも大幅カットされているほか、大豆イソフラボンが配合されていることによって使用後は肌がスベスベ♪ツルツル♪になると評判です。

 

■フィーモ

エピDX PLUS

参考価格:3,500円~4,000円(500g)

500gという大容量に加えて専用のスパチュラ(ヘラ)が付いているのは嬉しいですね!このエピはエステサロンとの共同開発によって作られた脱毛剤で、Vゾーンなどにも使用できるのが特徴です。

 

■セシルマイア

インバスリムーバー

参考価格:1,500円~1,800円(200g)

インバスリムーバーということで、お風呂用に作られています。水で流れにくいため濡れたまま使えることと、放置時間がたったの1分でOKというのが大きな特徴です。チューブタイプなのでそのまま塗れます。

 

■ヴィーナスラボ

THALASSO BEAUTE(タラソボーテ) エピクリーム

参考価格:3,000円~3,300円(200g)

放置時間は5分と短く、さらにチューブの先端がスポンジになっているのでそのまま塗ることができます。マリンクレイという泥成分によって高い吸着力を誇り、それが除毛効果にもつながっていると人気です。

 

くれぐれもパッチテストは忘れずに♪

今回は脱毛剤、主に除毛クリームや脱毛クリームについてのお話でした!継続して処理をするにしても、一時的に処理をするにしても、それぞれメリットやデメリットがあるのでしっかり押さえておきましょう!そして、どんな商品を使うにしても必ずパッチテストは行ってくださいね♪商品を替えた時も同じですよ~!みんなでツルすべ女子を目指しましょう♡

powered by wazamono

Copyright© エピレーションナビ , 2019 AllRights Reserved.