脱毛サロン選びに悩む人のためのサイト
検索・予約「エピレーションナビ」

エピレーションナビ

IPL脱毛

1IPL脱毛とは

IPL脱毛のIPLとは、「Intensive Pulse Light(インテンス・パルス・ライト)」の略語で、IPまたはIPL脱毛と呼ばれています。この脱毛方法は、多くのエステサロンで導入されおり、光脱毛・フラッシュ脱毛と呼ばれているものと同じものです。

この脱毛法は、痛み・肌トラブルが少なく、手価格で脱毛が出来ると人気の高い脱毛方法になります。IPL脱毛は永久脱毛という保証はありませんが、個人差・脱毛部位によってはほぼムダ毛が生えてこなかったり、毛が薄くなってきますので、ムダ毛処理に関しては非常にラクになるでしょう。

 

2IPL脱毛の仕組みについて

IPL脱毛は、メラニン色素(黒色の部分)に反応する性質を利用し、肌に光を照射します。すると、黒い部分であるムダ毛やムダ毛1本1本の毛根や毛母細胞に光が集中して当たり、ダメージが加わるのです。
毛を生産する「毛包」や毛を成長させる働きがある「毛母細胞」にダメージが加わることで、ムダ毛を維持する能力がなくなり、自然と抜け落ちていくことになります。照射後すぐに抜け落ちることはなく、照射から数日後経って自然と抜け落ちていきます。
ムダ毛が一度抜け落ちた場所からまた生えてくることはありますが、前回より細い毛が生えてきて、回数を重ねるごとにムダ毛が減ってきていることが実感できるでしょう。
IPL脱毛で使用する光は、メラニン色素である黒い部分に反応する性質を持っている為、ムダ毛を処理せず長いままで施術を受けると痛みを感じることがあります。脱毛施術を行う際は1日~3日前にシェーバーやカミソリで処理を行っておくことが良いです。少し伸びてムダ毛が気になってたくらいの状態がベストと思うと良いでしょう。
なお、IPL脱毛の光は、歴史が長く脱毛に使用される前から肌のトラブル(シミ・くすみ)などのケアを目的としてフェイシャルエステサロンなどで導入されていました。光の照射量を調整することで脱毛も可能となり、幅広く使用されており安全性の高い光とも言えます。

この脱毛法は、毛が少し生えてきている状態(成長期)にある毛に効果がある脱毛法になりますので、毛の周期に合わせて施術を行っていきます。ベストなタイミングで光を当てるために、1回の施術が終わった後は1~2か月程間隔をあけて2回目の施術が必要です。だいたい4~6回ほど照射をしなければなりませんので、2~3年の期間が必要となります。剛毛な方やムダ毛の量が多い方はそれ以上の期間が必要になる場合があります。また、1回の脱毛施術では約10㎝×20㎝の範囲と他の脱毛法に比べても施術範囲が広範囲にわたるので、1回の脱毛にかかる時間も短く済みます。

<施術方法について>
脱毛したい部位にIPLの光を当てて脱毛をしていくことになりますが、サロンによってはジェルを塗布するところがあります。
このジェルは、照射された光から肌を守るための保湿効果と痛みを軽減する冷却効果があります。

 

3IPL脱毛のメリット・デメリット

<メリット>
・一度に広範囲に照射出来るため、脱毛時間が短く、時間効率が非常に良い
例:両脇を脱毛した際にかかる時間は5分程度
・火傷や肌の炎症リスクが低い
・メラニン色素のみに反応するので肌が弱い・敏感肌の方でも安心して利用できる
・生えたばかりのムダ毛(産毛)にも効果あり
・肌負担が少ないため、ビキニラインやおへそ周りなどデリケートな部分の施術も可能
・IPLには可視光線が含まれるため、肌を活性化させ、きめ細かい肌に整えてくれる効果がある
・痛みが少ない
・メラニン色素にピンポイントで反応するため、剛毛でも効果を発揮する
・リーズナブルな料金で脱毛することが出来る

<デメリット>
・医療クリニックで行われるレーザー脱毛より効果が低い
・毛周期に合わせた施術が必要
・照射回数が多く必要となる、脱毛期間が長い
・乾燥肌の人の脱毛には向いていない
・日焼け肌や色黒肌の対応不可
・ジェルを使用する場合はヒヤッとする
・毛量が多い場合は痛みを強く感じることがある

IPL脱毛は効果の高いと言われる医療レーザーと比べると施術期間が長い、永久脱毛ではないというデメリットはありますが、総合的にみると痛みが少ない・敏感肌でも安心してできるという点に加え、非常にリーズナブルな価格で施術できることなど魅力的なメリットがたくさんあります。費用面・効果・自身の肌の状態などを考慮しながら、脱毛方法を選択していくことが重要です。

更新日:

Copyright© エピレーションナビ , 2019 AllRights Reserved.