脱毛サロン選びに悩む人のためのサイト
検索・予約「エピレーションナビ」

エピレーションナビ

SSC脱毛

1SSC脱毛とは

SSC脱毛またはSSC脱毛方式とは、「Smooth Skin Control(スムース スキン コントロール)」の頭文字を取り除いた名称で、イタリアのDEKA社が日本の脱毛市場のために特別に開発した脱毛方式です。
SSC脱毛もIPL脱毛やSHR脱毛などの光脱毛の一種ですが、IPL脱毛の方式とは全く異なる仕組みで、新しい脱毛理論の方式と言えます。SSC脱毛は、肌へのダメージが少なく、肌トラブルを起こしにくいと話題になっています。

SSC脱毛は、ビーンズジェルというSSC脱毛専用のジェルを肌に塗布するところから施術が始まります。このジェルには植物由来の「フィリニーブ」という成分が配合されており、この成分は抑毛効果が期待できます。ジェルの上から光を当てることでジェルの成分が肌内部へ浸透し、ムダ毛に抑毛効果のある成分が働き脱毛を促してくれるという仕組みになります。つまり、一度の毛根にダメージを与えて毛を成長させる組織を破壊するのではなく、時間をかけて毛の再生能力を衰えさせていくということです。
SSC脱毛で使用される光はクリプトンライトという特殊な光で、このクリプトンライトは脱毛を司る毛乳頭に刺激を与えないために、肌へのダメージが殆どなく、火傷のリスクなどもありません。IPL脱毛も歴史が長く安全性が高いと言われている脱毛方式ではありますが、SSC脱毛はIPL脱毛よりも安全性が高いです。

SSC脱毛もIPL脱毛同様に永久脱毛ではありませんが、抑毛効果のあるジェルを使用して、ムダ毛の生成を抑えている為、数年後に毛が生えてくることがありますが、十分に抑毛・減毛効果が期待できるでしょう。

 

2SSC脱毛のメリット・デメリット

まずメリットについてご紹介します。
・痛みが少ない
SSC脱毛は光を当てて毛根にダメージを与える脱毛方式ではなく、ジェルの抑制効果と相互することで脱毛効果を発揮するので、その分痛みが少ない。
・肌トラブルが起こりにくい
強い光を当てることがないので、施術時の火傷や炎症、施術後の肌トラブルが出にくい。
・美肌効果が期待できる
SSC脱毛で使用するジェルには植物性の美肌成分も含まれている為、美肌効果も期待できる。
・肌へのダメージが少ない
ジェルを使用したり、光の出力が低い為、肌へのダメージが極力抑えられるため、肌にやさしい脱毛ができる
・値段が安い
レーザー脱毛に比べると半分以下の料金で脱毛が可能
・美白効果が得られることも
店舗によっては、使用するジェルを独自開発し、美白効果のある成分が含まれていることがあるため、美白効果が期待できる場合がある

次にデメリットです。
・ある程度の施術回数が必要
ジェルを使用してムダ毛が生えてくるのを抑制する脱毛方式のため、12回~18回程繰り返し行わなければならない。
・脱毛完了までの期間が長い
ムダ毛が殆ど生えてこなくなるまでには2年~3年ほどの歳月がかかる。
・日焼け肌や色黒肌の脱毛不可
光を駆使して脱毛を行っており、メラニンに反応しやすいので、日焼け肌や色黒肌への脱毛が出来ない

 

3IPL脱毛とSSC脱毛の違いと選び方

まず、2つの脱毛方式の大きな違いは、
IPL脱毛:毛の組織にダメージを与えて脱毛を促す方式
SSC脱毛:抑毛効果のあるジェルを浸透させることで毛の成長を抑えていく方式
となります。どちらも、光脱毛一種ではありますが目的が全く異なるのです。

IPL脱毛とSSC脱毛の他の異なる点は以下の通りです。
・肌に照射する光が異なる
(IPL脱毛:インテンス・パルス・ライト SSC脱毛:クリプトンライト)
・施術時にジェルを使用するかどうか
(※店舗によってはIPLでもジェルを使用するところがあります)
・IPL脱毛よりSSC脱毛は肌への負担が少ない

目的は大きく異なる2つの脱毛方式ですが、殆ど差はないと言えます。ただし、SSC脱毛ではジェルを塗った部分に脱毛効果を期待できるので、その点を含めるとVIOなどデリケートな部分の脱毛を得意とするので、安心して全身脱毛が行えます。肌へのダメージや痛みの負担を少なくしたい方はSSC脱毛がオススメです。

更新日:

Copyright© エピレーションナビ , 2019 AllRights Reserved.